【B4B】Co-op/シューター/Back4Blood/バックフォーブラッド【攻略/レビュー】

スポンサーリンク

どんな感じのゲーム?

名作FPS「Left4Dead」シリーズの後継作品。

4人で協力しながらゾンビを倒しつつゴールを目指す協力型のFPSです。
難易度は結構高めでキャラクター固有のスキル、デッキシステムによって戦略を考えたり、プレイするたびに毎回ランダム要素が加わったり、なかなかやりごたえがあるゲームです。

野良マッチで気軽にマルチプレイしたりBOTが味方のソロプレイもできるよ!

Back4Blood Act3 8-1

ゲームの流れは大体L4D,L4D2と同じ。
ステージによっては防衛戦があったり、ラッシュの中物資を集めて脱出したりいろんなシチュエーションがある。最終的にはレイドボスまであります。

L4Dと違う所はキャラクターごとに固有能力があることとデッキシステムというシステム。

特殊感染者が前作と比較してかなり強くなっているので連携プレーがより重要になった。

開始直後のおおまかな流れ

 

 

 

 

 

 

ゲームの流れ

  1. 拠点から遊びたいステージを選んでマッチング
  2. ミッション選択
  3. 出撃
  4. ミッションクリア
  5. 物資ポイントをゲット(拠点でカードを開放していく)
  6. 1へ戻るといった感じ。

マルチプレイではカードが最初5枚しか解放されておらず、5/15のデッキになっていて心許ない。

ステージクリア後に貰える物資ポイントを使ってカードやスキンなどを開放していく。

開放していくと明らかに強力なカードが出てくるので更にプレイヤーを強化できるようになる。

後半はそういった強いカード前提の難しさになっている。
行き詰ったら少しステージを戻って物資ポイントを集めてみるのが良いです。

遊ぶたびにステージも変化するので飽きないように工夫されているのがgood

スポンサーリンク

ゲームシステム

ただゾンビを撃つだけではなくいろいろ戦略を悩む要素が結構ある。

キャラクター/固有能力

エヴァンジェロ

初期装備

サブ:マチェーテ(鉈)

メイン:UZI(サブマシンガン)

パッシブスキル

:スタミナ回復力+25%

:敵の掴み攻撃から脱出できる。(60秒のクールタイムがある)

チーム全体への効果

:チーム全員の移動速度+5%

移動速度が速いのが特徴。近接武器持ちだがホリーが近接は優秀すぎるので近接プレイがしたいならホリーを選ぶか移動速度特化にして囮役になるかといった選択になると思います。

※ホリーは敵を倒すとスタミナが回復するので無限に近接を触れるがエヴァンジェロはそれができないのでラッシュなどで囲まれるとジリ貧になってしまう。

初期装備

サブ:GLOCK23(ハンドガン)

メイン:M4CARBINE(アサルトライフル)

パッシブスキル

:あらゆる攻撃のダメージ+10%

:ヘッドショットか弱点を攻撃して敵を倒すと射撃精度が20%上昇(5秒間)

チーム全体への効果

:チーム全員の体力が+10

どんな状況でも腐らない能力が特徴的で安定して活躍できるのが特徴。
このキャラクターを選ぶならホフマンジムでも置き換えることが出来るのでお好みで。

ホリー

初期装備

サブ:バット

メイン:870 EXPRESS(ショットガン)

パッシブスキル

:ダメージ耐性+10%

:敵を倒すとスタミナが10回復する。

チーム全体への効果

:チーム全員のスタミナが+25%

明らかに強いホリーさん。高難易度では必須級のキャラとなっています。
近接ビルドにすると無限のスタミナと無限のHPで敵を無双するタンクになる。

ホリーが敵を殴っているときは回復も兼ねているので後衛にいる人はあえて援護しないという選択も必要。特殊感染者が来たり囲まれてる時は撃ってあげたほうが良い。

※近接攻撃で敵を倒すとHPが+2のカードととても相性がいい。

マム

初期装備

サブ:THE BELGIAN(ショットガン)

メイン:RANCH RIFLE(アサルトライフル)

パッシブスキル

:1ステージ1回だけ一瞬で味方を蘇生できる。

:サポートイベントリ+1(回復アイテム)

チーム全体へ

チーム全体への効果

:チーム全員のエクストラライフ(最大ダウン回数)が+1

ヒーラータイプ。もう1人のヒーラードクと比較すると若干攻撃寄り。
チームのエクストラライフを+1が腐らない能力なのでいるだけで意味がある。

難易度ナイトメアでは最初からエクストラライフが0なので、1回HPが0になっただけで死んでしまうためマムが必須級。

ドク

初期装備

サブ:BERETTA M9(ハンドガン)

メイン:MP5(サブマシンガン)

パッシブスキル

:回復アイテムの回復量+20%

:回復を持っていなくてもステージごとにチームそれぞれ1回だけ25回復できる。

チーム全体への効果

:チーム全員の外傷耐性+25%

ヒーラータイプ。固有スキルが回復特化なので回復アイテムを強化するタイプのデッキを組むといいです。ホリーと同じくヒーラー特化のドクがチームにいると安定する。

その代わりリロードを早くしたりするような攻撃型のカードを組み込むことが難しくなってくるので戦闘が苦手。

※外傷について
ダメージを受けすぎると最大HPが削られていく。
救急ステーションや特殊なカードスキルなどを使わないと削られた部分を回復できない。

体力ゲージの黒くなっているところが外傷

ホフマン

初期装備

サブ:M1911(ハンドガン)

メイン:TAC14(ショットガン)

パッシブスキル

:敵を倒したときに弾薬がドロップする場合がある

:オフェンスイベントリ+1(投擲アイテム)

チーム全体への効果

:チーム全員の弾薬容量+10%

個人的にお気に入りのキャラ(ホモではないです。)

ゾンビ映画だったら絶対最初らへんに死ぬデブキャラ。
今作はメイン武器の弾持ちが悪く撃ちまくっているとすぐ弾薬が無くなりがち。

ただホフマンがいるとそういった状況はかなり少なくなり弾薬が無くなって詰むといった状況を回避できる。

また初期装備で持っているTAC14の火力がかなり高く特殊感染者を怯ませることが出来るので最初から活躍しやすい。

ジム

初期装備

サブ:357 MAGNUM(リボルバー)

メイン:M1A(スナイパーライフル)

パッシブスキル

:ヘッドショット/弱点を攻撃して敵を倒した場合与ダメージ+2.5%が蓄積していく(最大25%)
ただし被弾するとカウントが0になる。

:ADSをする速度+25%

チーム全体への効果

:チーム全員が与える弱点へのダメージ+10%

アタッカータイプのキャラクター。ウォーカーは安定して10%のダメージアップを乗せられるがこちらは射撃の腕次第で最大25%アップの破格の火力を序盤から出せるのが魅力的。

ただ1回でも被弾するとカウントが0になってしまうところがネック(1からカウントし直し)

最初から持っているリボルバーが結構強い。胴撃ちでも1発で雑魚ゾンビを倒せる。

カーリー

初期装備

サブ:TEC9(サブマシンガン)

メイン:AK47(アサルトライフル)

パッシブスキル

:近くにいる特殊感染者/アラーム扉/カラスなどをハイライト表示してくれる。(本人だけ)

:クイックイベントリ+1(クイックツール・AED・弾薬箱・スタンガン)

チーム全体への効果

:チーム全員のインタラクト速度を+50%(箱などを開ける速度)

扱いやすいキャラクターでツールキットを最初から1個所持している。

特にハイライト表示は敵がどこから来るか予想できたり不意打ちを回避できるので初心者にオススメ

またサブ武器のサブマシンガンが扱いやすい。

カード/デッキシステム/退廃カード

退廃カード

ステージ側のランダムイベント。難易度が高いほどデメリットが強くなる。

ステージ事に毎回ランダムで選ばれる。最大5枚重なってくる。

デッキ

簡単に説明すると15枚のスキルカードを選びデッキを組んでキャラ強化するシステム

デッキシステムは以下の仕様があります。

  • 1番上にセットしたカードは必ず最初に引いてくれるスターターカードになる
  • ステージ毎に1枚引くことができる(Actによっては最初だけ3枚引けたり)
  • カードの能力はどんどん重ね掛けされていく
  • 上から順番にドローされていく。1~6に入れれば必ず最初に引ける
  • コンティニューした際に同じステージで1枚だけ追加で引ける
  • 残りのカードが4枚未満の場合は基礎ステータスが増えるカードが追加
  • Actを跨ぐとカードの状態はリセットされる

なので〇〇特化ビルドなどを考えても中盤から後半にかけてビルドが完成していくので序盤はどうしても未完成の状態で戦っていかなければいけない

それ故にどういった順番でドローしていくかが悩みどころでそこが楽しい

例えばこの3枚の中から1個選ぶだけでも結構悩むだろう。
そのステージでは1枚引いたらそれ以上引けない。

次に引けるのはステージクリア後なので序盤から慎重なプレイが必要になってくる。

供給ライン

ステージクリア後に貰える物資ポイントを使って新しいスキルカードを開放していく。
解放の途中に武器スキンやキャラクタースキンが含まれていたりもする。

初期状態では5枚しか持っていないのでどんどん解放していこう。

難易度ビギナーでは大体20~50ほど
ベテランでは40~70ほど物資ポイントが貰える。

アタッチメント

今作ではベンダーで購入するかステージ上でアタッチメントを拾って武器に付けることが出来る。

一度装着してしまうと外せないのでどれに付けるかまたは他人に譲るか悩みどころ

また直接落ちている武器に最初から装備されている場合もある。

武器によっては付けられない部位もあったりするが以下の4種類のアタッチメントがある。

  • バレルアタッチメント(反動制御系かサプレッサー系の2種)
  • マガジンアタッチメント(弾薬強化系か拡張マガジン系の2種)
  • オプティックアタッチメント(弱点ダメージアップ/移動速度アップ系)
  • ストックアタッチメント(持ち替え速度アップ/移動速度アップ/ADS速度アップなど)

ベンダー

セーフルームにあるベンダーで出発前に準備がいろいろできる。

ステージ中で拾える銅貨で購入する。
銅貨を拾ったら全員が入手したことになるのでどんどん見つけよう。

この中で特に重要なのはチームアップグレードの項目
チーム全員の持ち運べるアイテム数や落ちているアイテムの品質が向上するのでかなり強い。

1500と高いがチームで協力してお金を出し合えば簡単に届くので優先的に購入しよう。

スポンサーリンク

個性豊かなゾンビたち

実はB4Bではゾンビではなくリドゥンという呼び方をされています。

コモンリドゥン

防弾タイプ(アーマード)凶暴なリドゥン/爆発リドゥン/焼夷リドゥンなど
退廃カードで追加されるさまざまな種類がいる。

クラッシャー/トールボーイ/ブルーザー

高い身長で腕を引きずって移動していたらコイツ。

見た目は似ているが3種類いて攻撃方法が違う。また弱点の位置が種類ごとに違う。

特に掴み攻撃をしてくるクラッシャーが非常に厄介

リーカー/レッチ/エクスプローダー

L4D2でいうブーマーに近い。

3種類とも攻撃方法が違っているが倒すと爆発するというのは共通。
爆発に巻き込まれると近くのコモンリドゥンが寄ってくるので倒すタイミングに注意する。

TAC14などショットガンを使うと近距離で怯ませられるので突進を止めることが出来る。

スティンガー/ストーク/ホッカー

L4Dのジョッキーハンターに近い

粘液を飛ばしてくるのだが精度と弾速が半端なく回避がかなり難しい。
遮蔽物が近くに無い時は被弾するしかないので平地では注意したい相手。

被弾すると拘束される場合とダメージを受けるタイプの2種類がある。

ジャンプして天井に張り付いてそこから狙撃してきたりもする。

スニッチャー

移動速度は遅く、攻撃してくることもないのだがコイツに攻撃して叫ばれるとラッシュが発生する。

HPが高くショットガンやグレネード,プロパンガスやドラム缶で一撃で倒せば叫ばれずに倒せる。

近くで音を立てると近づいてくるのでそれを利用して爆発物に誘導する攻略がオススメ。

スリーパー

壁に張り付いていて近づくと飛び掛かってきて拘束される。更にラッシュまで発生させるという厄介敵。この1体によって全滅することもある。

グギョギョギョゴオオオオのような変な声が聞こえたら近くにいるので注意。
角を曲がったらすぐいるなどと行ったことが多い。

カーリーを使っているとハイライト表示されるので簡単に気づくことが出来る。

ボス系:オーガ/ブレーカー/ハグ/???

ハグ

退廃カードで選ばれると出てくる。ハグを攻撃したプレイヤーをHPが一定以下になるまでずっと追いかけてくる。捕まると捕食されてしまい死亡扱いに…

目が見えないが音に敏感なのでやりすごくことも出来なくはないがどんどん近づいてくるので流れ弾に当たって襲い掛かってくるパターンが多い。
1人が囮になって逃げ回り3人が攻撃する方法でもやり過ごせる。

オーガ

めちゃくちゃデカい。序盤ですぐ出会うことになると思う。
半分まで減らすと帰る。ある程度進むともう1度出現して削り切ると倒せる2R制のボス。

近くに行くと吹き飛ばされて大ダメージを受けるので注意。

遠距離攻撃も持っていて肉塊を投げつけてくる。
着弾前に撃ち落とすこともできる。

ブレイカー

退廃カードで選ばれる、確定で出てくる場合もある。
攻撃を空ぶった硬直後に赤い部分に攻撃するヒットアンドアウェイで倒せる。ただブレイカー以外の特殊感染者やリドゥンも同時に追加され続けるのでそんなに簡単でもない…

基本的な攻略

後ろを取られない位置で固まって戦う

トイレに立て籠り入口に火力を集中させ待ち構える作戦

画像のように敵が来る方向を制限できる場所で戦うと被害を抑えながら火力を集中できるのでこういった場所にポジションを取ることが重要。

ラッシュが始まったらこういった狭い場所に逃げ込むということが出来れば大体の困難を残り超えられる。

ピンを打って味方に情報を伝える

チャットやVCで伝える手もあるがQキーで簡単にピンをさすことが出来る。
これを使って次の目的地やここに集合しようなどといった合図が出せる。

アイテムなどにピンをすると位置がわかりやすく表示され味方に知らせることが出来る。

敵にピンをさせば火力を集中させることができるので特殊感染者を見たらすぐピンしよう。

更にカード死の刻印を使えば敵の輪郭にハイライトされて更にわかりやすく表示される。

弾薬やお金、回復アイテムをみんなで分けよう。

今作では持っているアイテムを床に落とすことが出来るので自分が使わない武器の弾薬を床にまくと味方の弾切れを防げる。

HPが少ない味方に回復を持たせるなどもできる。

また銅貨を床に置いてお金を共有すれば高い買い物も楽にできるのでリソースを上手に共有することで戦闘が楽になっていく。

スポンサーリンク

まとめ

L4D2を結構やり込んでいたので今作との差異に戸惑いましたがとても楽しいです。
大体50時間ほど遊びましたがゾンビゲーとして完成度が高いと思いました。

銃を撃った感じがとても良い。

難易度は高めで協力がかなり重要。

連携プレーで難しいミッションをクリアできた時は達成感がある。

全体的に難易度が高く後半はビギナーでも結構難しい。
ゾンビ無双といったわけではないのでセオリーがわかっていないとすぐ全滅してしまうがビギナーから慣らしていきましょう。

全滅しても血まみれゲロまみれ大爆発など結構笑えるのでそういったカオスも楽しめる。

PS4版/PS5版/Steam版があり日本語に対応。
ゾンビゲーとしては完成度が非常に高いのでゾンビを撃ちたい人にはオススメです!

公式サイト

『Back 4 Blood』ファミ通.com特設サイト
『Left 4 Dead』シリーズの制作陣による新作協力型FPS『Back 4 Blood』(B4B)のファミ通com特設サイト。ゲーム概要や生存者&リデゥン(感染者)の特徴紹介のほか、生き抜くための立ち回り解説など、攻略に役立つ情報をお届け!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました